アーカイブ | 7月 2016

  • 禁煙のCMと実際の作用について

    喫煙のリスクを啓発するCMは、全ての喫煙者に訴えかける内容で、禁煙する予定はなくても、放送の内容に興味を引き付ける作用があります。 また、禁煙を考える切っ掛けになる事もあるので、定期的なCMの放送は、喫煙者に喫煙の再考を迫る機会になります。 CMが家族の集う時間帯に放送されれば、家族が喫煙者に対して禁煙を促したり、喫煙について話し合う作用に繋がります。 つまり、CMは禁煙について考える機会を促したり、喫煙を考え直す作用にもなっています。 大切なのは喫煙のリスクを啓発する事で、同時に禁煙の効果も知る事が出来れば、CMの価値は作用によって高まります。 社会的な傾向としては、禁煙を考える人が増加していたり、喫煙を制限するエリアが増えている点が特徴です。 しかし、商品の価格が上がっても喫煙を続けると思っている人は、啓発程度の作用で考え方は揺るぎません。 ただ、それは喫煙者全体の中でも極一部で、多数の人にはCMを見る事で喫煙をやめる作用が働きます。 禁煙には補助グッズの使用も有効で、医療も認める製品は、CMでもお馴染みの存在になっています。 これらの作用を得る為には、正しい知識に基づいて使用する事、そして医療の力を借りて努力を続ける二点に成功の秘訣があります。 放送で発揮する作用は、時間的にも一時的なものに過ぎませんが、放送時刻の幅広さや頻度の増加があれば、少しずつ喫煙について考える時間が増加し始めます。 社会全体が禁煙を重視している事からも、地道な取り組みは一定の成果を上げていると評価出来ますし、今後も続けられる可能性は高いといえます。 最終的に判断を行うのは、責任を持つ喫煙者本人ですが、CMに少しでも興味を持つ機会が増えれば、今後について真剣に考える事が出来るようになります。