アーカイブ | 9月 2016

  • 禁煙治療薬の開発で、2週間は難なく我慢する事が可能

    家族の事を考えて、禁煙に取り組む母親、父親の方々がいます。 タバコによる副流煙は自分以外の人間にこそ害をもたらします。 特に小さな子供、年配の方、元々身体が弱い方々には大きな健康被害を与える事があります。 喘息や肺がん、体力低下、花粉症との因果関係があると分析されており、家族の中にヘビースモーカーがいる場合、そのリスクがより上がってしまいます。 また経済的な問題も深刻です。 かつては比較的安い嗜好品でしたが、近年では様々な事情からタバコ代が値上がりしています。 政府の方としても、元々社会的にネガティブなイメージがありますタバコは、格好の標的です。 税金は取りやすいところから取るのが正攻法であり、タバコ代は一昔前に比べて格段に上がっています。 そして今後は最終的に一箱1000円位になると言われており、経済的な問題からも禁煙した方が消費者にとってはメリットとなります。 今では喜ばしい事に禁煙治療薬が医薬品メーカーによって開発されています。 昔のように気合いだけでタバコを我慢する必要はなくりました。 禁煙外来という新しい医療サービスがあり、お医者さんの協力を得ながら合理的に禁煙にチャレンジする事が可能です。 最初から一生禁煙するぞ、という大きな目標を立てる事は逆効果かもしれません。 まずは禁煙外来を利用し、お医者さんと相談した上で、実現可能な目標を立てましょう。 2週間から4週間程、タバコを我慢し、再び1週間程、喫煙を自分自身に許す、こういったサイクルを設けるのも効果的です。 そのうち、徐々にタバコの本数を減らしていけば、上手く喫煙という行為に興味が薄らいでいきます。 禁煙治療薬を処方してもらえば、そもそも吸いたい欲求が減りますので、2週間位は余裕で乗り切れます。