アーカイブ | 10月 2016

  • 禁煙でシャワー代より金額が節約できる

    シャワーする場合、水道代もかかりますしお湯を出すためのガス代もかかります。 そのため、それらのお金を気にしてできるだけ早く済ませようとする人も少なくないものです。 シャワー一回にかかる金額というのは、それほど大きなものでなくても塵も積もれば山となるですから、このようなところでコツコツ節約をしていくのは悪いものではありません。 しかし、シャワー代には気を使っているのに毎日吸っているタバコ代には、気を使わないという人は多いものです。 あるいは、もったいないと思っていながらついタバコを吸ってしまって、それにかかる金額を考えて頭を悩ませている人もいます。 シャワー代には気を使って一分でも早く、浴室から出ようとしても風呂上がりに一本タバコを吸ってしまうだけで、その一分が無駄になってしまうぐらい現在のタバコというのは高いものとなっています。 少し前まではタバコの値段というのもそれほど高いものではなく、嗜好品として手軽なものでしたが現在では一本の価値が20円以上するものとなっていて、これから先更に値上がりすることが予想されるものとなっているので、タバコは今や完全に金食い虫という状態になっています。 タバコの健康への害は頻繁に叫ばれるものですが、現在では健康への悪影響だけでなく家計への悪影響も非常に大きなものとなってしまっていますから、節約を考えるのであれば禁煙も検討する必要があります。 シャワー代のような小さなところに気を配って生活をしていても、喫煙が全てを無駄にしてしまいますから可能であれば禁煙をしたほうが良いでしょう。 禁煙をするために禁煙外来や禁煙補助薬をお金をかけて使ったとしても、禁煙を成功することができれば将来的にタバコに費やす金額を考えるとはるかに安いものとなっています。