アーカイブ | 11月 2016

  • 禁煙は個室でアルカロイドを利用

    百害あって一利なしと言われることが多い存在の煙草です。 このように言われ禁煙が推奨される所為としては、肺がんや肺炎に見舞われる可能性が高まるためです。 禁煙せずに喫煙を継続していると、肺炎や肺がんのみならず、血糖値にも悪影響を及ぼすことが判明しています。 煙草を吸う人というのは、吸わない人に比べ、10年も寿命が短くなってしまうと言われているように、喫煙することにより害以外のものが得られないということは大勢の人々に認知されています。 そこで、血糖値にも目を向けて、禁煙の重要性を再認識し、アルカロイドなどを用いて、煙草と距離を置くように心がけましょう。 近頃では、病院に禁煙外来が併設されていることも増えてきています。 禁煙外来は、プレイバシーを保護する観点から、個室化が徹底されているので、不都合に感じてしまうことはありません。 禁煙外来などにお世話になると言われることが多いのは、喫煙により血糖値が低下しにくくなるということです。 その理由は、喫煙者はインスリン抵抗性を有しているためです。 インスリン抵抗性という名前は、あまり認知度が高くないですが、すい臓から放たれるインスリンが脂肪や筋肉にしっかりと作用しない状態を指します。 喫煙者にインスリン抵抗性が存在するのは、善玉ホルモンが非喫煙者よりも活発であるということが関係しています。 善玉ホルモンは、インスリンの動きを補助してくれるので、元来血糖値が下げられます。 ところが、タバコを吸い続けることにより、善玉ホルモンが減少するので、身体に実害が生じるのです。 当然、最終的に見舞われる病気として、糖尿病があります。 糖尿病が生じてしまうと、食事の度に注射を行う必要があります。